毎日家族を守ってくれる家と長く付き合うためのリフォーム

>

今の家で長く暮らす為のリフォーム

外壁や屋根のリフォーム

リフォームするにも全部一気にとはいきません。
先ほど外壁のリフォームを最優先に考えるという事を書きましたが、家を守ってくれている外壁や屋根は傷んでから修繕したのでは遅いのです。
とはいうものの、何をきっかけにリフォームすればいいのか分からないですよね。
外壁だって家の外側ぐるりと囲んで面積広いし、屋根も家の上を覆ってるので、大きいですし。
調べてみると、まだ初期だと不具合の出たところを部分的にリフォームするくらいで直せる事も出来るようです。
そこをそのままにしておくと、広範囲の修繕となり高額となってくるので注意しましょう。
お住まいの地域の場所や気候にも左右されるでしょうが、外壁や屋根の修繕の目安はおよそ10年のようです。
さほど、頻繁に繰り返さなければいけないようなリフォームでもないような気もしますね。

外壁と屋根は一緒にリフォームがいい

屋根も10年が目安なら、外壁も10年を目安に塗装するのがいいそうです。
雨風にさらされ、日差しにも耐える外壁です。
まず、外壁の塗装から剥がれてきてしまいます。
しかし、その剥がれた塗装をそのままにしておくと塗装によって守られていた家の内部に痛みや損傷かでてきてしまいます。
少しの亀裂から雨が入ってきて、そこから朽ちてきてしまうなんてことになったらそれこそ大規模な修繕工事になってきてしまいます。
実は屋根と外壁のリフォームは一緒にしてしまうメリットもあるのです。
工事の時に両方とも足場を作らなければならないのです。
ということは、リフォーム代に足場代も含まれてきますので、一緒に出来るものなら一緒に済ませてしまえば、コストも削減できますね。