毎日家族を守ってくれる家と長く付き合うためのリフォーム

>

水にさらされると不都合も出やすい

水回りは流行りもある

では次に10年を目安に屋根と外壁のリフォームをするとしましょう。
その次くらいにリフォームしたくなるのはどこだと思いますか?

台所、トイレ、洗面台、お風呂などの水回りです。

やはり、外壁と一緒で水にさらされる場所は他の部屋に比べて痛みや不具合が出てくるのも早いと言われています。
また流行りがあるのも、この水回りのような気もします。

毎日家族みんなが使う水回りです。
配管なども含めて、5年に1度くらいは点検をしてもらいましょう。
それでも15年は使えると言われているので、屋根外壁塗装のリフォームをしている頃くらいに水回りに不都合が出て来て、しばらくしたら水回りのリフォームを考えるといった感じでしょうか。
それでも15年に一度ですし、頻繁ではないですよね。

家の敵のシロアリ対策

水回りでも特に気にして欲しいのがお風呂場です。
お風呂場は熱がこもり、湿気も多いということもあり、シロアリの被害が多発するのです。

ただでさえ、湿気を帯びやすい水回りはシロアリの被害に遭いやすいので、気を付けないといけません。

シロアリ駆除も立派なリフォームとなりますが、駆除と修繕は別々の業者さんが行うところも多いようです。
シロアリの被害にあえば、早めに修繕が必要となってきます。
先ほど水回りは15年が目安と書きましたが、それより早く修繕が必要となってしまいます。

シロアリの被害が出たのであれば、それこそ早めに。
今度はシロアリ駆除と一緒にシロアリを寄せ付けない対策も考えたいところです。
リフォームの時に一緒に業者さんと考えましょう。